アメリカの景気先行指数!中古住宅販売件数について分かりやすく解説!!

米国・中古住宅販売件数とは、中古住宅の販売件数販売価格在庫水準などを集計し、算出する指標です。アメリカの実に80%以上の人が中古住宅に住んでいるため、注目度の高い指標となっています。その上、新築住宅販売件数同様、景気動向の先行指数としての役割もあるのです。

調査対象には、全ての中古住宅が含まれている訳ではなく、一戸建て住宅(existing single-family homes)、分譲マンション(condominium)、公営住宅(housing cooperative.)、の3種類の住宅のみが調査対象となっています。

また、住宅の種類ごとだけではなく、西部、中西部、南部と北西部の4つの地域ごとの結果も公表されるのも特徴的です。

1. どこからデータを集計しているのか?

中古住宅販売件数は、MLS(Multiple Listing Services)と言われる、不動産業者が使用する売上や売買価格などのデータが蓄積されたデータベースを基に算出されます。

MLSは、最も信頼性の高い情報源とされており、MLSに載っていない不動産取引に関しては、調査対象外です。

また、新築住宅販売件数が、契約を承認した段階、もしくは入金を確認した段階で件数にカウントされる一方で、中古住宅販売件数は、契約が完全にクローズした段階で件数にカウントされます。こうした集計タイミングの違いから、両者の結果の方向性が異なることも珍しくはありません。

米国住宅市場の約10%が調査対象!!新築住宅販売件数ってどんな指標?


2. 中古住宅販売件数の歴史をサクッとおさらい

中古住宅販売件数は、指標公表開始当初から、現在のように、戸建て住宅、分譲マンション、公営住宅のデータを公表していた訳ではありません。

始めに、一戸建て住宅に関するデータが1968年から月次で公表されるようになり、続いて、分譲マンションの集計が1981年から四半期ごとに実施されるようになりました。

そして、四半期ごとしか公表されていなかった分譲マンションのデータを1999年から毎月公表するようになり、それを機に、両者を組み合わせた結果も公表されるようになったのです。

そのため、1999年以前では、1ヶ月おきに公表されていた一戸建て住宅と4半期毎の公営住宅を組み合わせたデータとなっているため、時系列毎に比較する際は、注意が必要。


3. 中古住宅販売件数の重要な特性

中古住宅販売件数には季節性があり、季節によって、購買パターンに異なった特徴が見受けられます。

そのため、季節要因によるノイズを排除したい場合は、前月との比較ではなく、前年同月と比較することをオススメします。

また、もう一つ注意すべき特性として、分譲マンションの住宅中間価格の方が、一戸建て住宅の中間価格よりも高くでやすい傾向があるといった点です。従って、一戸建て住宅の方がより多く売れる地域では、中間価格が他の地域より低くでやすいということを意味しています。


4. NARが公表する原文資料へのアクセス方法

中古住宅販売件数に関する最新結果や詳細情報については、NAR(全米不動産協会) のホームページ上で確認できます。

最新結果へのアクセス方法
NARのホームページにアクセスする
②画面上部の[Menu]を押下
③左ペインの[Research&Statistics]を展開
④[Housing statistics]を選択
⑤[Existing-Home Sales]を選択

⑤の手順まで進めると、ページ上部に前月比の結果が大きく示されたページ表示されます。そして、Latest Newsという文字の下に、今回の結果の概要について記載されています。


5. 原文資料中にでてくる経済指標英単語

2020年6月22日に公表された結果を基に、原文資料にでてくる重要英単語や英表現の意訳を載せておきます。

経済や指標関連の英語学習として、ぜひご活用ください!

単語 意訳
Each of〜 それぞれの〜
major regions 主要都市
month-over-month 前月比
year-over-year 前年比
drop 下落
existing home sales 中古住宅販売
experience  経験する
measure 測定する


6. 米国・中古住宅販売件数の推移

以下は、2018年6月以降の米国・中古住宅販売件数の推移です。

参考元: アメリカ・中古住宅販売件数みんかぶ

2018年6月以降、安定して500万件半ばで推移しておりましたが、2020年2月に13年ぶりの高水準を記録後、感染症拡大の影響で翌月の3月には約1年ぶりの低水準を記録しました。

その後も件数は低下し続け、5月には2010年5月以降で最低水準となっています。

しかし、経済の再開とともに販売件数も増加するとの見方が強く、件数の減少は一時的と見ている市場関係者も多いのが現状です。

参考
・1968年〜2020年の平均:398.2万件
・同期間最高水準: 725万件 (2005年9月)
・同期間最低水準: 137万件 (1970年3月)


7. 指標まとめ

中古住宅販売件数
調査機関 NAR(全米不動産協会)
公表日 毎月20日頃
指標概要 米国・中古住宅販売件数とは、
中古住宅の販売件数や中間価格、
在庫水準などを月次で集計し、
公表する指標
調査対象 ・一戸建て住宅
・分譲マンション
・公営住宅
指標特性 景気の先行指標
注意点 季節要因が大きく、住宅の種類
によって中間価格が大きく
異なる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。