ダウ平均株価ついて徹底解説!!S&P500とは何が違うのか?

S&P500と同じくらい有名な株価指数「ダウ平均株価」ダウ平均株価は、ダウ工業平均株価指数、ダウ30、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス、ダウ平均など、様々な呼ばれ方がされています。

この記事では、ダウ工業平均株価指数についてはもちろん、S&P500との違いや計算式、全構成銘柄の公開など、幅広く深く解説していきます。

ダウ平均株価とは?

ダウ平均株価とは、1896年にチャールズダウ(Charles Dow)によって考案され、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダック(NASDAQ)に上場している優良企業30社の株価の値動きを測定する指標です。

ポイント!

・米国で2番目に古い株価指数

Dow Jones Transportation Averageが最も古い

・[全構成銘柄の株価÷除数]で算出

・S&P500とは算出方法が異なる


S&P500とは何が違うのか?

ダウ平均株価指数と同様、アメリカを代表する株価指数として、S&P500が挙げられます。

S&P500とは、約500銘柄で構成されている株価指数で、米国株式市場全体の時価総額の80%程ををカバーしています。そのため、米国市場全体をカバーする株価指数と言えます。

一方、ダウ平均株価指数は、アメリカの優良企業30社のみで構成されており、構成銘柄の数が少ないため、S&P500と比較して値動きが激しくなりやすいのが特徴的です。

また、算出方法の違いから、ダウ平均は株価の高い銘柄の影響を受けやすく、S&P500は時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすいといった特徴があります。

これさえ分かれば十分!!S&P500とは?

S&P500と比較してダウ平均株価は、
・値動きが激しくなりやすい
・株価の高い銘柄の影響を受けやすい

指数算出方法

ダウ平均株価指数は、S&P500やTOPIXとは異なり、時価総額加重平均株価指数ではありません。指数算出方法としては非常に単純で、構成銘柄30種の株価を全て足し合わせ、除数で割って求められます。計算式は以下の通りです。

算出式

Sum of the Component Stock Prices
→全構成銘柄の株価の合計値

Divisor
→除数


構成銘柄30種全て公開!

以下は、2020年時点でのダウ平均株価構成銘柄です。業種(セクター)の分類方法は、他にも色んな分け方ができますが、極力少ない項目で分類できるようにするため、以下のように分類しております。


業種(セクター)別

業種
消費財 7銘柄
テクノロジー 6銘柄
金融 6銘柄
医療関連 5銘柄
製造 4銘柄
エネルギー 1銘柄
通信 1銘柄
合計: 30銘柄

全構成銘柄

銘柄名 業種 追加日
①スリーエム 製造 1976
②アメリカン・エクスプレス 金融 1982
③アムジェン 医療関連 2020
④Apple テクノロジー 2015
⑤ボーイング 製造 1987
⑥キャタピラー 製造 1991
⑦シェブロン エネルギー 2008
⑧シスコ テクノロジー 2009
⑨コカ・コーラ 消費財 1987
⑩ダウ 金融 2019
⑪ゴールドマン・サックス 金融 2013
⑫ホームデポ 消費財 1999
⑬ハネウェル 製造 2020
⑭IBM テクノロジー 1979
⑮インテル テクノロジー 1999
⑯ジョンソン&ジョンソン 医療関連 1997
⑰JPモルガン・チェース 金融 1991
⑱マクドナルド 消費財 1985
⑲メルクアンドカンパニー 医療関連 1979
⑳マイクロソフト テクノロジー 1999
㉑ナイキ 消費財 2013
㉒P&G 消費財 1932
㉓セールスフォース テクノロジー 2020
㉔トラベラーズ 金融 2009
㉕ユナイテッドヘルスグループ 医療関連 2012
㉖ベライゾン 通信 2004
㉗ビザ 金融 2013
㉘ウォールマート 消費財 1997
㉙ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 医療関連 2018
㉚ウォルト・ディズニー・カンパニー 消費財 1991

1985年以降のダウ平均株価推移

以下のグラフは、1985年10月1日から2019年10月1日までのダウ平均株価の推移を示すグラフです。2009年付近など、一時的に大きな下落も見られますが、長い目でみると右肩上がりで推移していることが見て取れます。

yahoo finaceのデータを基に著者が作成

ダウ平均株価は、1月中旬に史上最高値である2万9,000ドルの大台を超えました。1月中旬と言えば、アメリカと中国が貿易交渉で「第一段階の合意文書」に署名した時期で、先行き不安の緩和から史上最高値を更新したとされています。

しかし、感染症拡大により、2020年2月末から3月にかけてダウ平均株価は大暴落。その後、5月・6月と大きく回復し、6月初旬には2万7,000ドルにまで回復しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。