バリュー株&グロース株について分かる!!TOPIXスタイルインデックスシリーズとは?


リスくん
TOPIXスタイルインデックスシリーズについてのポイントは以下の通りです。


・TOPIX500指数とTOPIX Small指数
を6つに分けて分類した指標

・特に、TOPIXグロース指数とTOPIXバリュー指数が注目される

・時価総額加重方式を採用

・グロース株=成長株

・バリュー株=割安株

・TOPIXスタイルインデックスシリーズとは??

TOPIXスタイルインデックスシリーズとは、TOPIX等の銘柄をPBRなどを基準にして、TOPIXバリュー指数とTOPIXグロース指数などに分類した指標です。


以下図にある通り、TOPIXバリュー指数、TOPIX500バリュー指数、TOPIX Smallバリュー指数、TOPIXグロース指数、TOPIX500グロース指数、TOPIX Smallグロース指数の6つに分類されます。



TOPIX等の構成銘柄を連結PBR等の指標を用いて、相対的にバリュー又はグロースに区分した株価指数です。

東京証券取引所

赤ちゃん
TOPIXスタイルインデックスシリーズは、大きく分けるとTOPIXバリューとTOPIXグロースの2つに分けられるんだね。

また、本指標は、2008年11月25日を1,000として算出されており、毎年10月に年1回の定期入れ替えが実施されます。


算出方法としては、「時価総額荷重方式」を採用しているため、時価総額の大きい銘柄に左右されやすいといった特徴があります。

リスくん
時価総額荷重方式とは、S&P500DAX指数CAC40指数など、世界の主要な株価指数に採用されている計算方式です。現在の時価総額を基準年の時価総額で割り、増加分を指数に反映させて算出しています。

そもそもグロース株とバリュー株の違いは?

一言で表すと、グロース株は「成長株」で、バリュー株は「割安株」を意味しています。


もう少し深堀りすると、グロース株とは、業績がよく今後の成長も見込めるため、株価の上昇が期待される銘柄のことを指します。

例えば、過去のYahooやファーストリテイリングなどが有名なグロース株です。


また、グロース株は景気変動の影響を受けにくいといった特徴もあります。

一方でバリュー株とは、 人気がないが、割安で放置されているような銘柄のことを指します。

TOPIXスタイルインデックスシリーズでは、PBR(株価純資産倍率)を基にバリュー株を選定しています。


また、グロース株とは反対に、バリュー株は景気変動の影響を受けやすいといった特徴があります。

赤ちゃん
グロース株とバリュー株の主な違いは以下の通りだね!
グロース株 バリュー株
成長株 割安株
人気銘柄 人気はないが
割安銘柄
景気変動の影響
を受けにくい
景気変動の影響
を受けやすい

・TOPIXバリュー株指数&グロース株指数の選定方法

前述した通り、TOPIXスタイルインデックスシリーズは、TOPIXバリュー指数、TOPIX500バリュー指数、TOPIX Smallバリュー指数、TOPIXグロース指数、TOPIX500グロース指数、TOPIX Smallグロース指数の6項目に分類されます。


それぞれの銘柄選定は原則、下記の通り行われます。

TOPIXバリュー TOPIXグロース
TOPIX500バリュー
TOPIX500の構成銘柄の
内、連結PBRが下位3分の1
TOPIX500グロース
TOPIX500の構成銘柄の
内、連結PBRが上位3分の1

TOPIXSmallバリュー
TOPIX Smallの構成銘柄
の内、連結PBRが下位
3分の1

TOPIXSmallグロース
TOPIX Smallの構成銘柄
の内、連結PBRが上位
3分の1

 

リスくん
TOPIX500やTOPIX Smallについては、TOPIXとは?をご参照ください。

・グロース株vs バリュー株〜どちらが優位か確認する方法

グロース株とバリュー株の株価についてどちらが好調かを測る指標として、グロース/バリュー比率が挙げられます。


グロース/バリュー比率とは、 TOPIXグロース指数をTOPIXバリュー指数で割って算出される指標です。

グロース/バリュー比率が右肩上がり(=1を超える)であれば、グロース株が優位であることを示しています。


また、グロース株は景気変動の影響を受けにくいため、景気動向が悪化している際は、グロース株の方が強い傾向にあります。


リーマンショック以降、グロース株優位な相場が長く続きましたが、2020年11月中旬にTOPIXバリュー指数が2月来の高値を記録。バリュー株シフトの動きがみられました。


実際、Bloombergが公表している以下グラフからは、直近でグロース/バリュー比率が急減していることが見て取れます。

Bloomberg


このように、グロース株の伸び幅は勢いを欠いており、バリュー株へのシフトが始まったと言われています。


いずれにせよ、2020年11月には米国大統領選挙もあり、新型コロナウイルス第3波が押し寄せてきたりと、世の中の不確実性が高まっています。


こうした中で、グロース株からバリュー株のシフトや相場全体が大きく下がる可能性も高まっているので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。