生産活動の予測に使われる指標 〜 米国・卸売在庫の読み解き方

米国・卸売在庫とは、米国の商務省センサス局が毎月下旬に公表する、アメリカ国内の卸売業者における在庫状況を示す指標です。調査対象月の在庫総額と前月比、前年比が公表されます

後ほど、在庫循環のところでふれますが、在庫とは、「供給」と「需要」のズレから生じるものであり、在庫の増減は、企業の生産活動にも影響を与えます。

そのため、現在の在庫水準が、在庫循環のどの局面に位置しているのか理解することは、今後の生産活動の予測にも繋がりるのです。

この記事を読むメリット&読了目安時間

この記事を読むメリット
・米国・卸売在庫について必要以上に知れる
・在庫循環の4つの局面が理解できる
・原文を読むのに役立つ指標英語が学べる
・原文の一部和訳が確認できる
・過去動向が確認できる
読了までの所要目安時間
・5分

1. 調査対象&調査方法について

本指標は、月次で行われる約4,200程の卸売業者への在庫調査を基に算出されます。

調査対象の卸売業者は、企業の規模別に分類されたサンプルから無作為に抽出され、そのサンプルは四半期ごとに更新されます。

尚、再販品のみが調査対象となり、企業に保管されている在庫の内、その企業のものではない在庫は、調査対象とならないのが特徴的です。

また、調査対象企業から回答を得られない場合は、同じような規模の同業他社からデータを取得し、埋め合わせが行われます。


2. 景気動向を示す在庫循環と4つの局面

在庫の増減によって、生産活動に影響を及ぼすことを、在庫循環と言います。

以下の図は、その在庫循環を視覚的に表した「在庫循環図」と呼ばれる図で、横軸に生産指数の前年同期比、縦軸に在庫指数の前年同期比をプロットした図となります。青色で塗りつぶされている局面が景気減退期で、赤色で塗りつぶされている局面が景気拡大期となります。

*ものによっては、横軸に出荷の伸び率をプロットしている在庫循環図もあります。

在庫循環図は、①〜④のそれぞれの局面を、反時計回りに循環するとされています。それぞれの局面についての説明は、以下の通りです。

引用元: 経済産業省
意図せざる在庫減局面

この局面は、企業の予測以上に需要が増加し、増産しても需要に追いつかないため、一時的に在庫が減少してしまう局面です。景気悪化により、在庫の調整が行われる「④ 在庫調整局面」を経て、在庫を減らしすぎてしまうことにより突入する局面となります。


② 在庫積み増し局面

企業が、将来の更なる需要増を見越して増産し、積極的に在庫を積み上げようとする局面です。景気拡大期が長引くと、この先も需要が伸び続けるのではないか、との憶測が広がり、更に在庫を増やすことによって突入する局面となります。


 在庫積み上がり局面

景気が後退期に入ると、企業の予測以上に需要が減少し、需要の減少速度が減産のペースよりも速く、在庫が意図せず積み上がってしまう局面です。企業は、「② 在庫積み増し局面」で積み上げていた在庫の削減に迫られます。


在庫調整局面

景気後退期の長引により、企業は更に減産を進め、積み上がった在庫を減らそうとする局面です。在庫が積み上がらないよう、出荷以上に生産を減らそうとするため、ますます景気が悪化します。しかし、この在庫の削減は行きすぎるケースが多く、在庫を適切な水準に保つため、いずれ生産も回復に向かうことになります。


以上が在庫循環の流れです。このように、在庫循環には4つの局面があるため、現在どの局面に位置しているのか把握することによって、今後の生産活動や先行きの予測にも繋がります。


3. 最新結果へのアクセス方法

米国・卸売在庫の最新結果や関連する詳細情報については、米商務省センサス局のホームページ上で公開されます。

また、卸売在庫の結果は、10ページ弱のPDFで公表されますが、この資料には、卸売在庫以外にも、国際貿易収支や小売在庫といった他の指標結果も記されておりますので、注意が必要です。

ですので、米国・卸売在庫に関する部分のみ読みたい方は、「Wholesale Inventories」項目をご参照下さい。


最新結果へのアクセス方法
① 米総務省センサス局のホームページ
② ページを少し下にスクロール
③「All Economic Indicators」を押下
④「Advance Monthly Wholesale inventories 」をクリック
⑤ 「Advance Economic Indicators Report」のPDFをクリック


の手順まで進めると、PDF10ページ弱の資料にアクセスできます。ここに、直近で公表された、米国・卸売在庫の詳細結果が記されています。

4. 今回の指標英単語&英文

2020年4月28日に公表された結果を基に、原文資料にでてくる重要英単語や英表現の意訳を載せておきます。毎回、資料の構成や使われる英単語は、似通ったものになっておりますので、ここで得た知識は、次回以降の結果を確認する際にも役立ちます。

また、原文資料の構成としては、1ページ目に直近の結果について、2ページ目〜5ページ目は、統計方法や用語の説明、最後の6ページ目以降に、財の種類別在庫水準の推移、といった構成になっているため、1ページ目の内容を中心に見ていきます。


  • 英単語表(原文資料1ページ目)
単語 意訳
wholesale inventories  卸売在庫
adjusted for seasonal  季節調整済み
estimated at 〜 〜だと推測される
end-of-month level 月末の水準で
billion  10億
$650.0 billion  6,500億ドル
down 1.0% from 2020 2020年から1.0%の減少
percentage change  %の変化
revised  改定された
from down 0.7% to down 0.6% 0.7%から0.6%への減少

上の表を基に、1ページ目に記載されている卸売在庫の最新結果部分を和訳すると、

Advance Wholesale Inventories

Wholesale inventories for March, adjusted for seasonal variations but not for price changes, were estimated at an end-of-month level of $650.0 billion, down 1.0 percent (±0.2 percent) from February 2020, and were down 2.0 percent (±0.9 percent) from March 2019.

The January 2020 to February 2020 percentage change was revised from down 0.7 percent (±0.2 percent) to down 0.6 percent (±0.2 percent)

出典 : 米国総務省センサス局

(意訳)
卸売在庫

3月の卸売在庫(季節調整済み、物価修正は未実施)は、今月末に6,500億ドルの水準になると推測されており、これは、2020年2月から▲1.0%減、2019年3月から2.0%減の水準となります。

2020年1月から2020年2月への変動率は、▲0.7%減から▲0.6%減へと改定されました。


  • 英単語表(原文資料7ページ目)
単語 意訳
Levels and Percent Changes for Inventories  在庫水準の推移
Adjusted 季節調整済み
Merchant wholesale trade total 卸売在庫総額
Durable goods  耐久財
Nondurable goods  非耐久財
Retail trade, total 小売在庫
Total 総額
Motor vehicle & parts dealers  自動車&自動車部品ディーラー
Not Adjusted  季節調整未実施

5. 米国・卸売在庫の推移

以下は、2019年3月から2020年3月の期間における、米国・卸売在庫の推移です。

参考元: Monthly Wholesale Trade  – U.S. census.gov

2020年1月以降は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、輸入が抑制されていることなどが原因で、在庫量は一段と低下してきています。そして、3月には、2009年3月以来最大の下げ幅となりました。

また、1992年から2020年の期間における、在庫増加率の平均は、0.37%となっております。同期間内では、2011年5月に前月比+2.1%を記録し、過去最大の伸び幅となりました。尚、対象の期間内で、最大の下げ幅を記録したのは、2009年3月に記録した前月比-2.0%となっております。


6. 指標まとめ

米国・卸売在庫
調査機関 米商務省センサス局
公表日 毎月下旬
指標概要 国内卸売業者の在庫状況を示す
指標。調査対象月の在庫総額と
前月比・前年比で公表される
調査対象 約4,200程の卸売業者が保有する
その企業の再版品
関連経済用語 在庫循環図
在庫循環 ①意図せざる在庫減局面
②在庫積み増し局面
③在庫積み上がり局面
④在庫調整局面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

  • 当ブログでは、世界中の経済指標についての詳細な情報を発信しております。他のサイトでは見られないような有益な情報を提供できるよう、1つ1つの情報を精査し、丁寧な記事作成を心がけています。