AEX指数とは?オランダを代表する株式指数


AEX指数とは、「アムステルダム取引所」で上場されている上位25銘柄で構成される株価指数です。各構成銘柄は、毎年3月に見直しが実施されます。


尚、アムステルダム取引所に上場していない銘柄でも、一定以上の資産がオランダ国内にあり、国内での雇用比率が一定以上であれば、AEX指数の構成銘柄として採用される場合があります。


また、AEX指数は、「時価総額加重平均」型の株価指数です。そのため、構成銘柄の時価総額を合算し、ある特定の数値(除数)で除して算出されます。

リスくん
ちなみに、世界中のほとんどの株価指数は、時価総額加重平均を採用しています。

構成銘柄について

AEX指数を構成する代表的な銘柄は以下の通りです。

銘柄名 企業について 構成比率
ASML 半導体メーカーの
世界的企業
15.18%
ユニリーバ リプトンやヴァセリンなどで有名な世界有数の一般消費財メーカー 12.84%
ロイヤル・ダッチ・シエル 貝殻のマークで有名な石油会社。ヨーロッパ最大のエネルギーグループ 8.90%
Adyen 世界20ヶ国以上に拠点を持ち、国際決済ソリューションを提供する企業 7.26%
RELX

幅広い分野の情報を提供する情報サービス企業を参加にもつ企業。売上の大半は米国向け

7.03%

リスくん
こうして見ると、上位銘柄が占める構成比率が大きく、上位銘柄の値動きが指数全体に大きな影響を与えることが見て取れます。

赤ちゃん
ちなみに、構成銘柄の上位10銘柄だけで、構成比率の77.2%を占めているよ!

以上の通り、AEX指数は、上位銘柄の値動きが指数全体に与える影響の大きい指数です。


また、AEX指数は、業種への偏りが大きい指数でもあります。


実際、Euronextが公表しているAEX指数についての「Factsheet」を確認すると、①生産技術関連、②一般消費財、③出版、の上位3セクターだけで全体の40%弱を占めています。


このように、AEX指数は、上位銘柄やセクターの影響を大きく受ける指標であり、1部の銘柄が全体に大きな影響力をもつ指標であると言えます。


AEX指数のパフォーマンス

Euronextが公表している「Factsheet」によると、AEX指数における年次のパフォーマンスは以下の通りです。

上昇率
2017年 +12.71%
2018年 -10.41%
2019年 +23.92%
2020年第3期 -2.15%

尚、直近2年間、3年間、5年間、及び基準日である1983年1月3日以降のパフォーマンスは以下の通りです。

上昇率
直近2年間 -0.17%
直近3年間 +0.65%
直近5年間 +5.40%
1983年1月3日以降 +6.82%

参考までに、1973年から2018年までの長期的なS&P500の利回りは、年平均で7%となっております。(現代ビジネス)

KEY WORDS

・主にアムステルダム取引所に上場している25銘柄で構成

198313日が基準日

・時価総額加重平均型の株価指数

・上位5銘柄の構成比率が50%以上

・①生産技術関連、②一般消費財、③出版が上位セクター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。