あなたは、GDPについてきちんと説明できますか?意外と知らないGDPについて徹底解説!

ニュースや新聞、学校など、様々なところでなにかと耳にする機会が多いGDPですが、「GDPって何?」と聞かれて、即答できない人は意外と多いのではないでしょうか?

それなのにも関わらず、どこかと知ってて当たり前!みたいな風潮がありますよね💦

今回は、知ってるようで意外と知らないGDPについて徹底解説していきます!!

結局、GDP(国内総生産)って何なの?

赤ちゃん
ねぇねぇ、GDPって何??
ハリネズミ
GDPとは、簡単に言うと、一国で生み出された付加価値の合計のことだよ。

GDPとは、一言で表すと、「その国で生み出された付加価値の合計」のことを指します。ここで言う、「付加価値の合計」というのは、私達が普段消費しているものやコト(民間消費)、企業の投資政府の支出貿易収支を合算した合計金額のことです。

計算式にすると以下のようになります。

GDP=個人消費+住宅・設備・在庫などの投資+政府支出+(輸出-輸入)

また、GDPには、名目GDP実質GDPの2種類あり、それぞれの定義は以下の通りです。

名目GDP

一言で言うと「何も加工されていないGDP」のことです。単純に、GDPの計算式に含まれているそれぞれの要素を単純に足し合わせて計算されたGDPのことを指します。

実質GDP

名目GDPから物価変動による変化を差し引いたGDPのことです。価格変動による影響を取り除いているため、数量ベースで経済の動向を見ることができます。

ハリネズミ
実は、名目GDPより、価格変動の影響を除いた実質GDPの方が重要視される傾向にあるんだよ。
赤ちゃん
そうなの!?どうして??


なぜ、実質GDPの方が重要視されるのか?

それは、名目GDPの結果に影響を与える物価の上昇が、必ずしも経済規模の拡大を示している訳ではないからです。上述した通り、名目GDPは、消費支出、投資額、政府支出、貿易収支の合計額のことを指します。そのため、物価が前年より2倍になれば、名目GDPの前年比も2倍になります。

しかし、この場合、物価の上昇によりGDPが2倍になっただけで、経済の規模はまったく変わっていません。

このように、名目GDPでは、「物価変動」の影響を受けるため、経済規模が本当に拡大しているのかどうかが、見えにくくなります。そのため、物価変動の影響を除いた実質GDPが重要視される傾向にあるのです。
赤ちゃん
なるほど!実質GDPは、物価変動の影響を取り除いているから、実際に経済がどれほど拡大したのかの実態を掴みやすいんだね。だから、名目GDPより重要視されるんだ!
ハリネズミ
うん。そういうことだよ。そこまで理解できたら、次はGDPの特性について見ていこう!!

GDPの特性

GDPは、景気の現状を表す一致指数です。また、調査対象から直接データを取得し集計した「1次統計」とは異なり、GDPは1次統計のデータを集めて加工した「2次統計」です。そのため、発表が遅くなり速報性はほとんどないですが、信頼性は高い指標となっています。

赤ちゃん
ちょっと難しい。。
ハリネズミ
まぁ、要するに、GDPは、様々なデータを加工して作られた「2次統計」なんだ。色々なデータを基に作成している分、信頼性は高いけど、そもそも材料となるデータが公表されるまでGDPが算出できないから、どうしても速報性には劣ってしまうんだよ。

GDPの読み解き方

赤ちゃん
GDPを読み解くのってなんか難しそう。
ハリネズミ
そうでもないよ。GDPを読み解く際には、①その国のGDPにおける、各要素の構成比を知ること、②その国の潜在成長率を知ること、の2点をおさえておくことが重要だよ。


① GDPの各要素の構成比を知る

例えば、GDPの構成要素の内、消費が60%を占める日本や70%を占めるアメリカは、消費額が少し変化しただけで、GDPに大きな影響を与えます。

また、輸出がGDPの40%を占める韓国では、GDPにおける輸出の寄与度は高いといえます。

このように、その国々によってGDPの構成比は異なるため、「GDPのどこに注目するべきか」は、国によって異なります。

従って、GDPを分析する上で、GDPを構成する各要素の構成比や寄与度を知ることが大切なのです。


② その国の潜在成長率を知る。

例えば、中国が発表した2019年第4四半期のGDP成長率は、前年同期比で6.0%です。0.5%弱で推移している日本と比較すると物凄く高い成長率を記録しているように見えます。

しかし、このように他国の数値と比較することは、まったくの無意味です。それぞれの国には、持続可能な成長率=潜在成長率が存在し、潜在成長率は、人口や労働参加率、設備投資などの資本投入量や技術によって算出されます。尚、中国の現在の潜在成長率は、6%〜7%と程と言われているため、中国が発表した2019年第4四半期の成長率(6.0%)は、高くも低くもないのです。

従って、潜在成長率という物差しをベースにGDPの成長率を見ることによって、そのGDPの成長率が高すぎるのか、低すぎるのか、それとも妥当なのかを判断することができます。

赤ちゃん
その国のGDPの構成比を理解し、潜在成長率を把握した上で、GDPを読み解くことが大切なんだね!

意外!? 実質GDPの成長率ランキング

ご存知の方も多いと思いますが、実質GDPの国別ランキングは、1位:アメリカ、2位:中国、3位:日本となっています。

では、実質GDPの成長率ランキングはご存知でしょうか?知っている方は、相当な経済通だと思います。早速ですが、以下の表で、「実質GDPの国別成長率ランキング」を紹介していこうと思います。

[実質GDP成長率〜国別ランキング 2019年度]

国名 成長率
1位: 🇸🇸南スーダン 11.28%
2位: 🇷🇼ルワンダ 10.06%
3位: 🇱🇾リビア 9.89%
4位: 🇩🇴 ドミニカ 9.21%
5位: 🇪🇹 エチオピア 8.97%

出典 : MF統計、実質GDP前年比伸び率参考

赤ちゃん
南スーダンの年成長率11.28%ってすごいね!それにしても、意外な国々がランクインしてるね。。
ハリネズミ
先進国は、既に経済が成熟している国が多く、1年で大きく成長することは、あまりないんだよ。だから、成長拡大期にある途上国がランクインしやすいんだね。
ハリネズミ
また、日本のGDP成長率について、最新情報を追いたい方は、以下をチェックしてね!毎月更新しているよ。

まとめ

ハリネズミ
GDPについての説明は、これで以上だよ。GDPについて以下にまとめておいたから見てね!
Point!
  • GDPとは、その国の付加価値の合計
  • GDP=消費+投資+政府支出+(輸出-輸入)
  • GDPは、景気動向の一致指数
  • 速報性はないが信頼性の高い指標
  • GDPを読み解く際は、構成比、寄与度と潜在成長率を意識するべし!


参考サイト

GDPとGNIの違いについて-内閣府
【意外と知らない】GDP(国内総生産)について徹底解説!日本はこれからも経済大国の地位を守れるのか?-データの時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。